大阪市北区天神橋1丁目12-21

アイスドリンクをもっと美味しく

暑い季節、外から帰ると早く涼みたい。

本格的な夏がやって来ました。

暑さを忘れられる涼やかなひととき。

気持ちも体も冷んやりできるよう、

今日はお家で冷たい飲み物を美味しく作る方法をご紹介します。

これからご紹介するのは水出しのアイスコーヒーと氷り出し緑茶の作り方です。

フィルターインコーヒーボトルで作る水出しアイスコーヒー


グラスに氷を入れてひんやり冷えたアイスコーヒーを注ぐとリラックスタイムの始まりです。

アイスドリンクをもっと美味しく、毎日の癒しのひとときに。

ワインボトル型の水出しコーヒーボトルです。

コーヒー粉と水だけで簡単に美味しいアイスコーヒーが作れます。

作り方

【分量 3~4人分】
・コーヒー(中挽き)45g
・水 600cc

(1) 挽いたコーヒー豆をフィルターに入れ、フィルタの中蓋を閉め、ボトルの蓋のみぞに合わせセットする。
(2) ボトルに水を入れる。
(3) コーヒーをセットした蓋を取り付け、冷蔵庫で7~8時間置いて出来上がり。

簡単3ステップで美味しいアイスコーヒーの出来上がりです。

★ 豆は中挽きで

コーヒーの粉がフィルターを通ってしまう事があるので、コーヒーの挽き目が調整可能であれば、

通常のハンドドリップの挽き目よりも少し粗くした方が質感の良いアイスコーヒーができます。

水で抽出することで苦味が出にくくなり、甘味が感じられ、ボディ感のあるまろやかなコーヒになります。

★ 使う豆の種類は

使うコーヒー豆は、深煎りを選んだ方が味がしっかりと出ます。

甘味のあるブラジルやコスタリカなど中南米のコーヒーがおすすめです。


フィルターを外すと保存容器にもなるので、冷蔵庫にそのまま保管できます。

スリムなボトルなので、冷蔵庫のドアポケットにも入って場所も取りませんね。

蓋はシリコンゴムの栓が付いており、注ぎ口のパーツがごっそり取り外せ、

お手入れも楽。細かい部分もキレイに洗えるので清潔に保てますね。

スタイリッシュなデザインで、置いてある姿も素敵に見えます。


氷水出し緑茶

お家でのひとときや夏の来客のおもてなしにもぴったり。

緑茶色はグラスの水滴を見るだけでも涼やかです。

涼し気でお茶の甘みがとても美味しい氷水出し緑茶です。



美味しい氷り出し緑茶の作り方

【分量 500ml~700mlの容器】

茶葉 10g
氷  冷茶を作る容器一杯になるぐらい

(1) 冷茶ポットやカラフェに茶葉を平らになるよう入れます。

(2) 薄く広げた茶の葉の上に氷を冷水ポット一杯になるように入れます。

(3) 常温で3~4時間ほどおいておきます。

氷が解けるにしたがってお茶の美味しい甘みがじんわり出てきます。

氷が解けたら、容器を軽く振ると沈んでいるお茶のエキスが綺麗に混ざり、

美味しい氷り出し緑茶の出来上がりです。

氷り出し緑茶の効能は

氷水で緑茶を淹れるからこそ得られる効能があります。

緑茶にはカテキンが含まれており、このカテキンはがん抑制や、抗酸化作用があると言われています。

ただしカテキンは渋み成分がある為、お湯で淹れた緑茶は苦味を感じます。

ところが水で淹れるとカテキンがほとんど出なくなるのだそうです。

カテキンが出にくくなる代わりに、

うまみ成分のテアニンが抽出され、まろやかで甘みが増すのだそうです。

更に緑茶に含まれるカフェインも激減。

カフェインを摂取したくない妊婦さんや、小さなお子様にも安心ですね。




涼し気な大正浪漫カラフェとグラス。

『あぶりだし技法』によって生み出される大正浪漫硝子は繊細で、

白く浮かび上がった模様がなんとも儚く、涼し気な印象。

特殊な原料が入った硝子を使い、急激な温度差を与えることにより、

乳白色に発色する性質を活かして、紋様をガラス器に浮かび上がらせる伝統工芸技法です。

器ひとつ、美味しいものをより引き立ててくれる。

夏は涼し気な大正浪漫硝子でテーブルを彩ってみてはいかがでしょう。

暮らしに季節をうまく取り入れて、夏の暑さも満喫しましょう。

今年も暑い夏が始まります。

フィルターインコーヒーボトル     2500円
大正浪漫カラフェ格子(500ml) 6000円
大正浪漫グラス格子(200ml) 3000円

※ 商品は全て税抜き価格です。

*Monden 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA