大阪市北区天神橋1丁目12-21

日常茶飯器のお茶の器 ドリップ急須

お茶の時間を贅沢にしてくれる紫泥のうつわ。
ドリップ急須

珈琲志向が進み、おもてなしの機会には「日本茶」より「珈琲」頂くことが多くなりました。
そんな現代の嗜好を踏まえ、「珈琲」にも使えて、本来の「緑茶」に繫がる商品が出来たら、日本の暮らしの中で育った「お茶文化」も大切にできるのでは、と生まれたのが この「ドリップ急須」です。

珈琲や焙じ茶を淹れる道具を、紫泥で丁寧に造りました。
美味しく淹れるためのひと手間を道具にお任せ。
誰でも簡単に美味しい珈琲や焙じ茶を淹れることが出来ます。

萬古焼紫泥は、無釉のため
使い込んでいくとだんだん光沢を帯びて
愛着のある色目に変化していく特性を持っています。
使えば使うほど自分だけのオリジナルの急須になりますよ😌💓

また萬古焼紫泥には鉄分も多く含まれていて湯温が下がりにくいため
出汁ポットとして使うのもおすすめです✨

ドリップ急須は12月中旬以降の発売を予定しております。
現在、kaicocafeの蔵で展示しているので、ぜひ手に取ってみてくださいね!

日常茶飯器
・ドリップ急須 6,000円+税
(12月中旬以降発売予定)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA