大阪市北区天神橋1丁目12-21

蚊やりブタ

蚊やりぶた 

かもしか道具店さんより
萬古焼の名産〝蚊やりブタ〟が入荷しました。

なぜブタの形をしているのか不思議に思い調べてみると、
蚊やりぶたの形状は江戸時代からあったといわれていて、
一説では江戸時代、豚の野生種であるイノシシが「火伏せ(火災を防ぐ)の神」として崇められていたためブタの形状になったという説や、

土管に蚊取り線香を入れて使っていたものの、煙が散ってしまうため口をすぼめたら豚の形に似てきたという説など、様々ありました。

夏の風物詩である人気の蚊やり器。可愛らしい小ぶりサイズもございます。
日本の夏の風情を楽しんでみてはいかがでしょうか。

・蚊やりブタ 2,640円(税込)
・蚊やりブタ/こぶり 2,200円(税込)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA